星野陸也が初優勝大会へ意気込み 「連覇できれば自信になる」

星野陸也が初優勝大会へ意気込み 「連覇できれば自信になる」

連覇に挑む星野陸也 顔つきが大人になった?(撮影:村上航)

<フジサンケイクラシック 事前情報◇4日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7,566ヤード・パー71>

昨年本大会で初優勝を挙げた新鋭が、すっかり男子ツアーの“ベテラン”として大会連覇を獲りに来た。「いや〜、なんかコースが難しくなっていましたね。でも楽しみです」といいつつ不敵な笑顔を見せる。


1年が経ち、心身ともにさらに大きく成長。ウェイトアップに取り組み、体重は1年で5kgアップの78kg。300ヤード超えのビッグドライブもさることながら、アイアンの飛距離も5ヤード伸び、今季から創設された総合力の高い選手を表彰するメルセデス・ベンツ・トータルポイントランキング(※)では現在1位に立っている。

昨年は9度のトップ10入りで賞金ランク7位、今季は「ダンロップ・スリクソン福島オープン」ですでに1勝を挙げ、トップ10入りは5度。先週の「RIZAP KBCオーガスタ」では単独2位に入るなど、上位入りの常連となり今や国内男子ツアーを代表するひとりとなった。「でもまだまだですね。ここで連覇出来れば、自分の中でも自信がつくと思う」と、1年での成長を見せつける。(文・谷口愛純)

※スタッツ9部門(平均ストローク、平均パット、パーキープ率、パーオン率、バーディ率、イーグル率、ドライビングディスタンス、フェアウェイキープ率、サンドセーブ率)の順位をそのままポイント換算した順位。総合的に優れたプレーヤーを選出する指標。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)