優勝争い中のお礼!?鈴木愛に訪れた久々の幸運【カメラマンの景色】

優勝争い中のお礼!?鈴木愛に訪れた久々の幸運【カメラマンの景色】

試合中にペコリ(撮影:鈴木祥)

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する。【ニトリレディス編】


アン・ソンジュ、申ジエ(ともに韓国)、渋野日向子といった実力者たちを制して優勝した鈴木愛。「一番大きかった」という一打が14番のティショット。右からの風に対して右に打ち出したが、打球は風に乗って流されていく。左の林のなかに入ることを覚悟したが、なんと木に当たってフェアウェイに。ソンジュと同スコアで並ぶ状況だけにとてつもないラッキーだった。

よほどうれしかったのだろう。鈴木は優勝争い中にも関わらず当たった木を探してペコリと一礼した。この光景を撮影していた鈴木祥カメラマンも驚きを隠せなかった。

「最初は『何だろう』と見入ってしまったが、すぐに我に返りシャッターを押しました。優勝会見で『久々のラッキーでした』と話していたようですが、その後PINGの関係者の方も『見ていても鈴木プロは今年は本当にアンラッキーが多かったんです』と話していました。それだけにお礼を言いたくなったんだと思います」(鈴木カメラマン)

ウイニングパットを決めた後もかみしめるようなガッツポーズだったため、こちらにも驚いたという鈴木カメラマン。「不運やパッティングの不調を乗り越えての優勝でかみしめるようなガッツポーズでしたが、愛ちゃんらしいド派手なガッツポーズもまた撮りたいですね」と次なる勝利を撮影する機会を心待ちにした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>