富士山麓の1戦は日没順延 石川遼は3差の暫定6位、暫定トップにC・キム

富士山麓の1戦は日没順延 石川遼は3差の暫定6位、暫定トップにC・キム

暫定ながら単独トップに立っているチャン・キム(撮影:村上航)

<フジサンケイクラシック 初日◇5日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566ヤード・パー71>

「フジサンケイクラシック」は、朝の濃霧によるスタート遅れの影響で全選手がホールアウトできずに、第1ラウンドは18時12分に日没サスペンデッド。翌日に順延となった。


6アンダーの暫定首位に、すでにホールアウトしているチャン・キム(米国)。5アンダーの暫定2位タイに谷口徹とアンジェロ・キュー(フィリピン)。4アンダーの暫定4位タイに市原弘大とトッド・ペク(米国)がつけている。

石川遼は最終ホールでダブルボギーをたたき、今平周吾、藤本佳則らとともに3アンダー・暫定6位タイ。前週優勝の比嘉一貴は、昨年覇者の星野陸也らとともにイーブンパーの暫定32位タイとなっている。

なお、プレーを残しているのは1組3人。プレー再開は朝6時45分。第2ラウンドは7時15分の開始となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>