うまくなりたきゃグイグイいけ!鍋谷太一の「切り込み術」

うまくなりたきゃグイグイいけ!鍋谷太一の「切り込み術」

鍋谷太一 関西のノリでレジェンドにもグイグイ!(撮影:村上航)

<フジサンケイクラシック 初日◇5日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566ヤード・パー71>

今季6試合目のレギュラーツアーに参戦した鍋谷太一が、3アンダー・暫定6位タイと好発進。上がり2ホールはラフに苦戦して連続ボギーを喫したが、一時はトップに浮上。17番パー5でイーグルを奪うなど快走を見せた。


大阪出身の23歳、プレーだけでなく口も滑らかで、下部ツアー(AbemaTVツアー)とのかけもちながらファンも多い。1つ質問を投げると軽快なトークが飛び出す。「17番のイーグルもすごくラッキーだったんです。セカンドがちょっと引っかかってキャリーでバンカーに入ったんですけど、そこからバババーっと転がり上がって、上りの5mくらいの絶好のイーグルチャンスについたんです」と、元気できさくな笑顔でプレーを振り返る。

そんな鍋谷の竹を割ったような性格も、今回の好プレーを生み出した一因だ。「シンプルに、うまくなりたい」。その一心で、これまで数々の“大物”たちに突撃してきた。18歳でツアーに出たとき、アプローチ練習をしていた倉本昌弘に突撃。「一人でやっていらしたので、チャンスだと思った」と、状況判断やメンタル面に関して教えを請うと、その場で1時間以上じっくりレクチャーしてもらった。

あるときは、練習場で他のプロを教えていた青木功に「ショットを教えてください」と突撃。「お前は誰だ」と言われながらも、30分ほど手ほどきを受けた。またあるときは、中嶋常幸と風呂場ではち合わせ。「2人きりだったからチャンスかなと(笑)。プロで飯食うにはどうしたらいいですかと聞いて、全部メモしました」。

そして今週は、「自分がパッティングの読みがヘタなので、パッティングを教わるなら谷口さんしかおらんなと思った」と、連絡先を知っていた谷口に練習ラウンドを申し込んだ。「自分は左に回転がかかりやすいから、それに合せて読むようにと教えていただいた。いくらやってもわからなかったのに、自分のクセを見抜いてもらった」。そのアドバイスが見事にはまり、初日の好スコアにつながった。

「わからないときは、とにかくレジェンドやな、と」。当たり前のように語るが、大ベテランを相手に簡単にはいけないもの。まして、そんな“切り込み戦法”が受け入れられるのは、鍋谷の人柄も大きいだろう。今回教えを請われた谷口は、「たまたまラウンドの枠が空いていたけど、入れるかどうかは人による(笑)」。熱意に加え、ラウンド後はしっかりメールでも御礼の連絡を入れるマメさもしっかり持ち合わせている。鍋谷流の向上の秘訣は、熱意と、レジェンドたちも思わず受け入れる“愛され力”なのかもしれない。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)