女子ツアーでは初お披露目! ミズノの新アイアンはやっぱり「やさしい」の?【きょうの“パンチショット”】

女子ツアーでは初お披露目! ミズノの新アイアンはやっぱり「やさしい」の?【きょうの“パンチショット”】

野澤真央 新ウェポンで 上昇だ(撮影:米山聡明)

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【ゴルフ5レディス】


現在、獲得賞金約517万円でリランキング39位。今大会を入れて残り4試合となった第2回リランキングまでに、もうひと踏ん張りといきたい野澤真央が、「気分転換」にと、今週クラブセッティングをガラリと変更した。

バッグの中身を見せてもらうと、先日発表された用品契約を結ぶミズノの新アイアン『ミズノプロ920』の姿も。長年使用していたという『MP-55アイアン』を外し、さらなる浮上を目指して新相棒に携えた。

“ミズノなのに、やさしい。”というキャッチフレーズもつけられているこのアイアンだが、プロから見て本当にやさしいの? 本格的に打つのは今週が初めてだという野澤に感想を聞いてみると、「やさしいのに、当たりが厚い」とその第一印象を話した。それもあって、「難しいクラブに固執する必要はないかな」と即変更を決めたそうだ。

もともと「慣れるまでに時間がかかるので、クラブを替えるのはオフが多いですね」という野澤だが、この新アイアンは「まったく違和感がなかった。シーズン中ですし、少しでも違和感があったら使えませんから」と、フィーリングもバツグンな様子。女子ツアーでは第一号の使用者で、パーオン率62位(64.9871%)からのジャンプアップにも期待を込める。

さらにウェッジも「元々使っていたものが、溝がなくなりかけていたので」と、これを機に『T20』にチェンジ。ニューウェポンとともに、伸ばし合いが予想される今大会はもちろん、リランキングでもガンガンと“上昇気流”に乗っていきたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)