首位のチャン・キムが規則違反 迷彩柄着用で注意

【フジサンケイクラシック】首位のチャン・キムが規則に違反 迷彩柄着用で注意受ける

記事まとめ

  • フジサンケイクラシック3日目、首位タイでスタートしたチャン・キムが首位をキープ
  • キムはスタート時には迷彩柄のポロシャツだったが、午後に入ると白地のポロシャツに
  • トーナメント規則に抵触したものでツアー側から注意、罰打などペナルティはなかった

首位のチャン・キムが規則違反 迷彩柄着用で注意

首位のチャン・キムが規則違反 迷彩柄着用で注意

チャン・キムが迷彩柄着用で注意(撮影:村上航)

<フジサンケイクラシック 3日目◇7日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566ヤード・パー71>

大会3日目を首位タイでスタートしたチャン・キム(米国)。チェ・ホソン(韓国)とともにスコアをひとつ伸ばしホールアウトし首位をキープしたが、思わぬハプニングに見舞われた。


朝のスタートに現れたキムは、迷彩柄のポロシャツに身をまとい、コースへと飛び出した。ところが、後半に入ると今度は白地のポロシャツに替わっていた。

暑い夏などは途中で着替えることもあるが、キムの場合は日本ゴルフツアー機構(JGTO)トーナメント規則の『トーナメント会場におけるマナー等に関する準則』第36条の(2)-5『迷彩柄のウエアとポケットが膨らんだカーゴタイプのズボンの着用は不可とする』項目に抵触したもの。ツアー側から注意を受け、ハーフターン時に着替えた。

なお、これに関しては、罰打などのペナルティは発生しない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>