女子ツアーの優勝シーンで見られない“あのお祝いの儀式”…なんで?【記者の目】

女子ツアーの優勝シーンで見られない“あのお祝いの儀式”…なんで?【記者の目】

これが女子ツアーで最後のウォーターシャワーのシーンになる?(撮影:鈴木祥)

先週の「ゴルフ5レディス」でもそうだったのだが、国内女子ツアーの優勝決定シーンで、“意外にも”あまり目にしない光景がある。それが『祝福のウォーターシャワー』だ。例えば、男子ゴルフの国内ツアーでは、今や“お約束”にもなっているこのシーン。米国の女子ツアーでも見るし、他競技でもプロ野球のサヨナラの場面や、水ではないがF1のシャンパンファイトなど、どこか“スポーツの歓喜の場面=水浸し”みたいなイメージはある。


だがゴルフの国内女子ツアーでは、あまり見ない気が…。5月に行われた「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で渋野日向子がツアー初優勝を挙げた時には、同期の河本結、菅沼菜々や親交の深い大出瑞月、大里桃子からウォーターシャワーで祝福され、その後の記者会見でも「こんなに早く水をかけてもらえるとは思わなかった」と初勝利のよろこびを表現していたが…、特にこれ以降まったく見かけなくなったシーンだ。これって、なんで? それには実は理由があった。

その理由は明白で、女子ツアーとして、ウォーターシャワーを自粛しているのだ。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の理事を務める森本多津子氏に話を聞いた。すると、この自粛理由について、こう説明する。「2011年に起こった東日本大震災がきっかけで、ツアーとして自粛の方針を打ち出し、選手にも通達しました。当時は水が不足しているという背景もあったため、その状況で『水をかけるのはよろしくない』という判断をしました」。そして、それ以来、この方針が貫かれているという。

さらに、もう1つ大きな理由があるのだが、それが実に女子のスポーツ団体らしいものだった。「優勝後には、すぐに表彰式からの写真撮影という流れになりますが、女子選手としてウェアが水浸しのままで…というのは、あまりよろしくないというのも理由にあります」。確かに、ウェアが濡れたままというのは、女子選手にしてみれば人目が気になるだろうし、そのために着替えたり、タオルで拭く時間などを設けると、進行が遅れる原因にもなる。他にもグリーンの保護の観点もあるが、大きな理由は上記の2つだという。

だが、これは特に“禁止事項”として明文化されているわけでもなく、あくまで口頭ベースで選手に伝えられているもの。最近では、「私たちの伝え方が足りない部分もありましたが、毎年新しい選手が入ってきて、自粛ということを知らない人も増えてきた」(森本氏)。そんな事情もあって生まれたのが、あのサロンパスカップの優勝シーンというわけだ。“口頭伝承”のものが風化してしまう…、ということは何も女子ツアーに限った話ではない。

レギュラーツアーに出場する選手には、今年5月に行われた「中京テレビ・ブリヂストンレディス」の選手ミーティングの場で、再度、自粛の方針が伝えられた。「それが原因というわけではないですが…」(森本氏)というが、ちょうどサロンパスカップを境に、改めて選手の共通認識となったのだ。渋野の2勝目となった「資生堂 アネッサ レディス」で、このシーンが再現されなかったのには、こんな背景があったというわけだ。

今年のプレーヤーズ委員会の委員長に就任した有村智恵は、ウォーターシャワー自粛について、「もともと、認識としてありました。ダメというよりは『できたら控えてください』というイメージですね」と口にする。そして選手としては、「ウォーターシャワーで祝福するのは、パフォーマンスとしては絵になるし面白いとは思う。だけど、例えば白いウェアの時には、ちょっと大変だなとは思いますね。優勝者としていい状態で写真に撮られたいという気持ちもあるでしょうし、そこは男子とは違って、気をつけないといけない部分かなとは思います」という考えがあることを教えてくれた。

有村自身も、2009年の「エビアン・マスターズ」(現エビアン・チャンピオンシップ)で宮里藍が米国ツアー初優勝を挙げた際、ウォーターシャワーで祝福した経験をもつ。「アメリカでは今でもやっていますし、日本でも何か別のお祝い方法があるといいですよね」という気持ちもある。

ちなみに、今年の「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」で上田桃子が優勝した際、用意されていたのは水ではなくフラワーシャワーだった。これは実に色鮮やかで、優勝を祝うにふさわしい華やかさがあったことは記憶に残っている。

男子では、6月に行われた「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」を制した堀川未来夢がバケツ一杯の水をかけられたり、先週も「フジサンケイクラシック」で優勝したパク・サンヒョン(韓国)がビチャビチャになりながら喜びを噛みしめたシーンのように、ウォーターシャワーは印象に残る一コマにもなっている。さて女子にも、さらに優勝のシーンを彩る、女性らしい“祝福の儀式”はないものだろうか? そんなことを、ちょっと考えたくなった。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>