またも優勝争い一歩手前でストップ!石川遼は上がり3ホールでチャンスを逃す

またも優勝争い一歩手前でストップ!石川遼は上がり3ホールでチャンスを逃す

好調石川遼がこの日も猛チャージもあと一歩及ばず(撮影:佐々木啓)

<ANAオープンゴルフトーナメント 最終日◇15日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063ヤード・パー72>

「ANAオープン」の最終日、今週も石川遼が『やってくれるかも』とファンを賑わせた。3日目は首位と3打差から5打差へと後退したが、最終日を「67」でラウンド。トップのスコアが予想外に伸びず、一時は首位と1打差まで迫った。


15番を終えて6バーディ・1ボギーとし、この時点で首位に並ぶ浅地洋佑らとは1打差。ここから伸ばせば今季3勝目への道も開けた。しかし、「16番からが本当の勝負だと思っていた。最後の3ホールで伸ばせれば勝てるチャンスもあったけど、伸ばせなかった」。あと一伸び足りなかった。

最終18番パー4を迎えた時点で、まだトップとは1打差。ここでバーディを獲れば、プレーオフの望みも残っていたが、ティショットを右のラフに入れ、そこから打ったセカンドショットを打ち終えると、球の行方を追った後しばらく固まった。

「自分の中では、1ヤードも狂っていないショットのつもりだった。距離感を出せなかったのが、なんでかなと思った」

ピンは傾斜下のグリーン手前。奥の傾斜を利用してバーディチャンスを狙ったが、ボールは奥7mほどに止まった。「ラインも読めていたし、方向もよかった。あと1ヤードくらい手前だったら、入るまではいかなかったけど、おもしろかったかなと思った」。結局パーでホールアウト。トータル14アンダーで、プレーオフに加わるには2打足りず、6位タイに終わった。

「調子があまりよくない」と口にする中で、再びの上位入り。「勝ち続けることは難しいかもしれないけど、優勝争いに入り続ければ勝てる日が来る。どういう状態でも、こういう位置に入り続けていければと思う」。先週の「フジサンケイクラシック」に続いて、優勝争いに食い込む勢いの追い上げで、2年ぶりの大会を終えた輪厚を大いに盛り上げた。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>