<速報>渋野日向子がアンダーパーまで戻してホールアウト 首位・畑岡奈紗が2位に5打差の独走態勢

<速報>渋野日向子がアンダーパーまで戻してホールアウト 首位・畑岡奈紗が2位に5打差の独走態勢

渋野日向子が4日間を終えた(撮影:岩本芳弘)

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 最終日◇15日◇チェリーヒルズゴルフクラブ◇6425ヤード・パー72>

国内女子メジャー今季第2戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」は最終日の競技が進行中。1オーバー・40位タイから最終日をスタートした渋野日向子がホールアウトを迎えた。


優勝争いからは遠い位置でスタートした最終日は、1番でバーディ発進を決めたものの、その後2ボギー。1つスコアを落として後半に入った。しかし、“バックナインに強い”渋野は、ここから本領を発揮。12番でバーディを奪うと、15、16番でも連続でスコアを1つずつ伸ばした。上がり2ホールはパーを並べそのままトータル1アンダーでフィニッシュ。最終的には、アンダーパーまでスコアを戻してメジャー大会を終えた。

現在のトップはトータル15アンダーでハーフターンを迎えた畑岡奈紗。2位の篠原まりあ、フォン・シャンシャン(中国)に5打差をつける独走態勢に入っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>