連日の観衆1万人超に「すごい賑やかで楽しかった」 渋野日向子がフィーバーに沸いた4日間を締めくくり

連日の観衆1万人超に「すごい賑やかで楽しかった」 渋野日向子がフィーバーに沸いた4日間を締めくくり

渋野 メジャー連勝はならず

連日の観衆1万人超に「すごい賑やかで楽しかった」 渋野日向子がフィーバーに沸いた4日間を締めくくり

「賑やかな」会場で渋野日向子が楽しいゴルフを続けた(撮影:岩本芳弘)

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 最終日◇15日◇チェリーヒルズゴルフクラブ◇6425ヤード・パー72>

国内女子メジャー今季第2戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」最終日に、渋野日向子は「70」をマーク。初日以来のアンダーパーラウンドで、トータル1アンダーまでスコアを伸ばした。メジャー連勝はならなかったが、「すごく勉強になった」4日間を過ごした。


優勝争いからは遠い位置でスタートした最終日だったが、最後に関西のファンを大いに沸かした。1番でバーディ発進を決めたものの、その後2ボギー。1つスコアを落として後半に入った。「スタートホールでバーディを獲れて幸先いいと思っていたところで2番で3パット…。昨日と同じミスをしてしまったので、“うーん”と思いました」。こう序盤を振り返ったが、“バックナインに強い”渋野は、ここから本領を発揮した。

12番でバーディを奪うと、15、16番で連続バーディ。最終18番は3.5mのバーディパットを外したが、きっちりアンダーパーとなるトータル1アンダーまでスコアを戻して、大会を終えることになった。「後半はすべてパーオンできたので、こういうスコアにはなると思いました」。ツアー初優勝を挙げた今年5月の「ワールドレディス サロンパスカップ」に続く公式戦連勝はならなかったが、スッキリとした表情を見せた。

最終日も大きく会場は盛り上がった。昼12時の時点で1万2381人のギャラリーが会場を訪れた。もはや恒例ともなったフィーバーに渋野は、「今日もたくさんのギャラリーが来てくださって、すごい賑やかで楽しかった。4日間で一番声援がありましたし、ありがたかったです」と笑顔を見せた。

来週は愛知県に移動し、「デサントレディース東海クラシック」に出場する。「今週はバーディを獲っている割にはスコアがポンコツ。ラフの長さを考えるとスコアを出せないんだなと思いました。次に何が必要か見つかった。今後に生かしたい」。次は優勝争いの中心人物として、再びコースを盛り上げたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>