渋野日向子は60台ならず バックナイン「33」も浮き彫りになった課題

渋野日向子は60台ならず バックナイン「33」も浮き彫りになった課題

“ツアールーキー”渋野日向子の成長はまだまだ続く(撮影:鈴木祥)

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 最終日◇15日◇チェリーヒルズゴルフクラブ◇6425ヤード・パー72>

プロテストに合格した思い出の地。最大級の注目を浴びて臨んだ本大会だったが、渋野日向子にとっては、悔しい結果となってしまった。終わってみればトータル1アンダーの33位タイ。この日は4バーディ・2ボギーの「70」とアンダーパーをマークしたが、多くの課題も見えた大会となった。


この日は1万3000人を超えるまさに大ギャラリーがコースを埋め尽くし、「すごい、にぎやかだった。楽しかったです」と常に声援を送られ続けた。そんな後押しもあって、この日は1番からバーディといい滑り出しだった。ところが2番では4日間連続のボギー。「がっついてしまいました」という3パットが原因となった。その後も7番パー5ではラフからのアプローチでシャンクが飛び出すなど、この日2つ目となるボギー。なかなか波に乗れきれなかった。

「きょうだけはいいゴルフをしたかった」と挑んだラウンドだったが、雲行きはあやしいまま。それでも後半に入ると意地を見せて3バーディ。バックナインで強いシブコを見せつけた。そして、何よりも今週は結果以上の収穫があった。

国内一の深さを誇るラフが牙をむいた。「これまでで初めてかもしれないです」と語るほどのラフは沈むこともあれば、浮くこともある。順目もあれば逆目もあり、その都度の対応に苦慮するほどだった。渋野にとって、レギュラーツアーの舞台は今年がはじめて。ここまで結果を残してきたが、ルーキーであることには変わらない。経験がまだまだ不足していることは否めず、対応力という点は今後の課題となった。

最終日はフェアウェイキープ率100%、パーオンは18ホール中17を記録。ショット力は戻ったが、今大会はパット数が全て「30」以上。かみ合わせが悪ければ、スコアメイクも苦しくなるが、そんなときの気持ちの持っていき方や、前述のラフ対応など、様々な部分で今後への課題が浮き彫りとなった。

繰り返しになるが、渋野はまだツアールーキー。すべて伸びしろと考えれば、このあと続く「日本女子オープン」や秋のビッグトーナメントで、今回の反省点を生かす場はまだまだ残されている。そして、2日目、3日目とホールアウト後に敢行した合計7時間以上の猛特訓が、本当に強い“シブコ”をつくり上げる。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>