今季2勝目の浅地洋佑がランク2位に浮上 1位・石川遼との差は約1292万円【男子賞金ランキング】

今季2勝目の浅地洋佑がランク2位に浮上 1位・石川遼との差は約1292万円【男子賞金ランキング】

浅地洋佑が今季2勝目で賞金ランク2位につけた(撮影:佐々木啓)

昨年発生した北海道地震の影響で2年ぶりの開催となった「ANAオープン」。大会を終えて、国内男子ツアーの最新の賞金ランクが発表された。


1973年のツアー制施行後、史上最多となる5人によるプレーオフにもつれこんだ試合を制したのは浅地洋佑。「アジア・パシフィックダイヤモンドカップ」に続く今季2勝目で賞金2200万円を獲得し、今季の獲得賞金を約5953万円まで伸ばした。この結果ランク2位に浮上。「ブリヂストンオープン」終了後の賞金ランク上位7人に与えられる、10月の米ツアー「ZOZO Championship」(千葉県・習志野CC)の出場権獲得もほぼ確実となった。

賞金ランク1位は、ANAオープンを2打差の6位タイで終えた石川遼で変わらず。賞金約364万円を上積みし、これで通算約7246万円に。2位の浅地との差は約1292万円。

以下、ランク3位はジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ、約5701万円)、同4位はパク・サンヒョン(韓国、約5431万円)、5位が今平周吾(約5022万円)となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>