チリ出身のホアキン・ニーマンがツアー初優勝

チリ出身のホアキン・ニーマンがツアー初優勝

米ツアー初優勝を飾ったホアキン・ニーマン(撮影:GettyImages)

<ミリタリー トリビュート at ザ・グリーンブライヤー 最終日◇15日◇ザ・オールドホワイトTPC(ウェストバージニア州)◇7286ヤード・パー70>

米国男子ツアーの2019-20シーズン開幕戦が終了。チリ出身でプロ転向2年目のホアキン・ニーマンがトータル21アンダーでツアー初優勝を飾った。


「ラテンアメリカ・アマチュアゴルフ選手権」優勝の資格で「マスターズ」出場も果たしているニーマン。最終日も6アンダーをマークし、独走での初栄冠。期待の若手が早くも勝利を挙げた。

6打差の2位にトム・ホージ(米国)。さらに1打差の3位タイにハリス・イングリッシュ、ブライアン・ハーマン、ネイト・ラシュリー、リッチー・ワレンスキー(いずれも米国)の4人が入った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)