初出場の大橋ありさが「68」首位発進 MNGT第5戦マイナビカップ初日談話

初出場の大橋ありさが「68」首位発進 MNGT第5戦マイナビカップ初日談話

4アンダーと好発進を見せた大橋ありさ(撮影:福田文平)

<MNGT第5戦マイナビカップ 初日◇16日◇瀬田ゴルフコース 北コース(6129ヤード・パー72)>


マイナビネクストヒロインツアー第5戦「マイナビカップ」が瀬田ゴルフコース 北コースにて、9月16日(月)から2日間の日程で開催(36ホール ※初日は選手2名・アマ2名のプロアマ形式)。初日の競技を終えて、5バーディ・1ボギー「68」でラウンドした大橋ありさが4アンダー首位発進。6バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの安藤京佳、5バーディ・3ボギーの佐藤愛絵が2アンダー・2位タイとなっている。

1アンダー・4位タイには上野陽向、吉本七海、後藤田寧々、高橋亜可里。イーブンパー・8位タイには河野杏奈と、第1戦「パーゴルフチャレンジ」、第4戦「ALBAレディストーナメント」を制している土方優花がつけている。

第5戦「マイナビカップ」初日上位者のコメントは以下のとおり。

大橋ありさ(4アンダー・単独首位)「プロアマ戦は初めてで緊張しましたが、楽しくラウンドできました。マイナビネクストヒロインゴルフツアー初出場なので頑張らないといけない!と思った。目標はパープレーでしたが、それより良いスコアで回れて嬉しいです。ロングパットが入ってくれたので、5つのバーディを獲ることができました。100ヤード以内のショットをバーディチャンスにつけるのが強み。最終日は緊張すると思いますが落ち着いてプレーしたいです」

安藤京佳(2アンダー・2位タイ)「きょうはセカンドショットが良かったです。少し前まで調子の悪い時期が続いて、マイナビネクストヒロインゴルフツアーでは全然成績を出せていなかった。プロテスト第1次予選は3位で通過できたので、今回は頑張りたいな、という思いがありました。ドライバーが曲がっていたのでスイングを変えています。まだ完ぺきではないですが、徐々に良くなっている。きょうはミスもありましたが、バーディが多く獲れたので助かりました。最終日は初日よりよいスコアで回れるように頑張ります」

佐藤愛絵(2アンダー・2位タイ)「全体的に距離が短く、バーディチャンスを多く作れたのでスコアを出すことができました。初出場で緊張していますが(拠点の)京都から近いので、そのぶんリラックスしてできていると思います。セカンドショットとショートゲームで勝負するタイプ。初日はもう少し伸ばしたかったですが、最終日は優勝争いできるように良いスコアで上がりたいです」


【マイナビ ネクストヒロインゴルフツアーって?】将来有望な若手女子プロゴルファーに“賞金のかかる試合の場”をより多く提供し、経験値を増やして、国内ツアーをはじめ、世界で活躍する魅力ある選手の輩出に寄与していきたい、という理念のもと実施される年間11試合のツアー。GOLF Net TVにて全試合インターネット中継される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>