今季初優勝のS.ランクンが太平洋クラブとスポンサー契約を締結

今季初優勝のS.ランクンが太平洋クラブとスポンサー契約を締結

若きランクンが日本の名門・太平洋クラブと契約(撮影:鈴木祥)

ゴルフ場運営大手の株式会社太平洋クラブが、今季から日本ツアーに参戦し、7月の「ニッポンハムレディスクラシック」で初優勝を遂げたS.ランクン(タイ)とスポンサー契約を締結したと発表した。


昨年のファイナルQTを32位で通過し、今季から日本で活躍を続けている注目選手。まだ10代ながら、タイのツアーや中国ツアー、台湾ツアーで勝利を重ね、2年連続中国ツアーの賞金女王として日本に乗り込んできた。

将来は米ツアーを目指すと話すランクン。太平洋クラブは「選手とともに、よりグローバルなブランド形成を図り、業界の活性化への貢献ならびに太平洋クラブのイメージアップにつなげたい」と大きな期待を寄せる。

以下、ランクンのコメント。

「昨年のファイナルQTで日本に初めて訪れて、タイとは近いですし、食べ物も飲み物もおいしいので日本のことが好きになり日本ツアーの参戦を決めました。海外でも有名な太平洋クラブにこれからバックアップしていただけるので励みになります。米ツアー出場を目標に、母国タイを代表する選手になれるよう、まずはツアー 2 勝目を目指して頑張ります」

<ゴルフ情報ALBA.Net>