<中間速報>今平周吾とS・ビンセントが首位で後半へ 稲森佑貴、星野陸也が上位争い

<中間速報>今平周吾とS・ビンセントが首位で後半へ 稲森佑貴、星野陸也が上位争い

今平周吾が首位でハーフターン(撮影:佐々木啓)

<シンハン・ドンヘ・オープン 3日目◇21日◇ベアズ・ベスト・チェオンナGC(韓国・仁川)◇7238ヤード・パー71>

韓国で行われている日本、韓国、アジアンの3ツアー共催大会3日目。昨年の日本ツアー賞金王・今平周吾がトータル9アンダーで前半のプレーを終え、スコット・ビンセント(ジンバブエ)とともに首位に立っている。


ハム・ジョンウ(韓国)とJ・クルーガー(南アフリカ)の二人がトータル7アンダーの4位タイ。首位と3打差のトータル6アンダーにこの日スコアを伸ばしている星野陸也がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>