星野陸也と今平周吾が上積み チャン・キムが浮上【国内男子賞金ランキング】

星野陸也と今平周吾が上積み チャン・キムが浮上【国内男子賞金ランキング】

チャン・キムが大会2位でランキング7位(撮影:GettyImages)

初となる日本、韓国、アジアの3ツアー共催大会は、南アフリカのジェイブ・クルーガーの優勝に終わった。大会の閉幕を迎え、最新賞金ランキングが発表された。


クルーガーは非メンバーのため、日本の賞金ランキングに順位はつかないが、2位に入ったチャン・キム(米国)は1256万円あまりを獲得し、累計で約4907万円の7位。秋のビッグトーナメント次第では、おととし取り損ねた賞金王の座も見えてきた。

大会3位に入ったスコット・ビンセント(ジンバブエ)は約719万円を獲得。累計で2300万円をクリアし、来年のシード権をほぼ確実なものとしている。

大会5位の星野陸也と同6位の今平周吾も賞金を加算。それぞれランキング6位、5位となっている。

出場を見合わせた石川遼が依然1位。「ANAオープン」で2勝目を果たした浅地洋佑は大会18位で、ランキング2位となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)