「すーごいイライラしていた」からの逆襲撃 渋野日向子はバックナインで強さを見せて6位で最終日へ

「すーごいイライラしていた」からの逆襲撃 渋野日向子はバックナインで強さを見せて6位で最終日へ

前半はイライラしていました…(撮影:上山敬太)

<日本女子オープンゴルフ選手権 3日目◇5日◇COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)◇6479ヤード・パー72>

午後13時現在で13000人を超えるギャラリーが詰めかけている日本女子最強ゴルファー決定戦「日本女子オープン」3日目。渋野日向子は5バーディ・3ボギーと2つ伸ばしてトータル9アンダー、6位でホールアウトした。


前半に2つ落とした渋野だったが、13番、14番で連続バーディを奪い息を吹き返すと16番パー3ではもう少しでホールインワンかというショットを披露。ギャラリーの大歓声を引き出すお先のバーディを奪うと、18番パー5では2オン成功。イーグルパットはわずかに切れたがバーディ締め。「全英AIG女子オープン」さながらのバックナインでの強さを見せた。

1番でバーディ発進を決めながらも3ボギーを叩いた前半を振り返り、「チャンスは外れるし、3パットするし、すーごいイライラしていましたね」と話した渋野。それだけに「どうなることかと思っていたなかで、4つ伸ばして来れたのは本当に良かった」と巻き返すことができたことに安どした。

首位とは6打差。届かない差ではない。「あしたもっとスコアを出さないと上位に食い込めないと思う。いいプレーができるように頑張りたい」。「デサントレディース」で見せた8打差逆転劇のような猛チャージを期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>