バックナインで盛り返すも… 渋野日向子は苦難の前半に「パッティングがしょうもない」

バックナインで盛り返すも… 渋野日向子は苦難の前半に「パッティングがしょうもない」

後半はパターが入り何とか圏内で踏みとどまった ここから猛チャージだ(撮影:上山敬太)

<日本女子オープンゴルフ選手権 3日目◇5日◇COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)◇6479ヤード・パー72>

大観衆の声援を受けて大会3日目をスタートした渋野日向子。出だしの1番パー5では3打目を2.5メートルに寄せてバーディ発進。そのままチャージをかけるかに見えたが、前半は苦難の道が待っていた。


3番パー3ではティショットを左に引っかけ寄らず入らずのボギー。4番では大きくフックするラインから3パットボギー。5番では1メートルのバーディチャンスを外しパー。6番ではティショットをラフ、セカンドをバンカー、そこから4打かかりボギー。8番パー3ではティショットを1メートルに寄せたが、これも決まらず。「一人でブツブツ言っていました、なんでやねん!って」。イライラがたまる一方だった。

そんな状況を打開したのが「全英AIG女子オープン」から代名詞となっている、バックナインでの反撃。バックナインの女王といわれるシブノらしく、13番で3メートルを沈め、14番パー5でもイージーバーディ。そして16番では「もう、入れよって感じですよね(笑)」と、もう少しでイーグルというバーディ。最終ホールはカラーから6メートルのイーグル逃しでバーディとし。5バーディ・3ボギー。トータル9アンダーの6位。首位と6打差まで追い上げた。

「パッティングがしょうもない。前半ボギーを打ち続けても、ショットが悪くなかったので、これで上がれた」。強気なパッティングが決まらずフラストレーションがたまったが、なんとか踏ん張った。「あしたは最初からチャージをかけないと。朝から攻めます」宣言とともに、大逆転への意気込みを見せた。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>