難ホールでイーグル奪取!…も堀川未来夢はショートゲームでノリスに挑む!

難ホールでイーグル奪取!…も堀川未来夢はショートゲームでノリスに挑む!

堀川未来夢が小技を駆使してノリスに挑む(撮影:佐々木啓)

<トップ杯東海クラシック 3日目◇5日◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県)◇7295ヤード・パー71>

昨年までのパー5からパー4に変わった7番ホール。打ち上げホールになっているため、490ヤードという距離以上に長く感じる。2日目のようにアゲンストが吹くと、ツアープロといえども2オンさせるのにひと苦労だ。実際、3日間での平均スコアは『4.385』で難易度1位。バーディ数は10個しかない。そんな難ホールでミラクルショットを見せたのが堀川未来夢だ。

ピンまで228ヤード。7番ウッドで放たれたボールはピン手前10メートルぐらいに落ちた後、そのままピンに向かって転がっていく。徐々に大きくなっていくギャラリーの歓声は、ボールがカップの中に消えていった瞬間、最高潮に達した。打ち上げのためグリーン面を見ることができなかった堀川だが、その歓声でイーグルを確信。同組でラウンドしていた今平周吾とハイタッチを交わした。

結局この日は「69」の2アンダーで回り、トータル8アンダーでフィニッシュした堀川。2日間守ってきた首位の座はションーン・ノリス(南アフリカ)に譲ったが、2打差の単独3位は十分逆転できる好位置だ。

「最終日を最終組で回れるのでよかったです。一番上が見えている状況で、自分がどんなプレーをするのかが課題です」

トップを追いかける立場で、しっかりとスコアを伸ばすことに意欲を燃やす。そのトップにいるノリスとは、この日も同組でラウンドしたが、逆球を避け、徹底したフェードボールでコースを攻めるところなどが勉強になったという。

「2番パー5では245ヤードある2打目を7番アイアンで打つ迫力もありますからね」と、ツアー3勝の実力を素直に認めるが、自分のゴルフスタイルを崩す気持ちは一切ない。この3日間、厳しい状況ではあえてグリーンを狙わず、アプローチしやすいゾーンを狙ってパーセーブしてきた。最終日もピンチを迎えたら、徹底的にパーを拾う作戦を貫き、チャンスが来たら果敢に攻めていくと誓っていた。(文・山西英希)

<ゴルフ情報ALBA.Net>