ショーン・ノリスが日本ツアー4勝目 石川遼は47位タイ

ショーン・ノリスが日本ツアー4勝目 石川遼は47位タイ

ノリスが4勝目 石川遼47位T

ショーン・ノリスが日本ツアー4勝目 石川遼は47位タイ

ショーン・ノリスがツアー4勝目!(撮影:佐々木啓)

<トップ杯東海クラシック 3日目◇5日◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県)◇7295ヤード・パー71>

「トップ杯東海クラシック」の最終日が終了。トータル10アンダーの単独首位から出たショーン・ノリス(南アフリカ)が「72」でラウンドし、トータル9アンダーで優勝を決めた。2018年の「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」以来となる国内男子ツアー4勝目となる。


首位と1打差・2位タイには秋吉翔太と時松隆光、3打差・4位タイには比嘉一貴、佐藤大平、ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)の3人が入った。

賞金ランク1位の石川遼は1バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「75」でホールアウト。トータル5オーバー・47位タイとなった。その他では、今平周吾がトータル4アンダー・7位タイ、昨年覇者のアンジェロ・キュー(フィリピン)がトータル1アンダー・17位タイ、片岡大育がトータル3オーバー・32位タイとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>