渋野日向子が全英以来の米ツアーに参戦 31日開幕の台湾戦に出場決定

渋野日向子、優勝した全英AIG女子オープン以来の米ツアー参戦へ 台湾で31日に開幕

記事まとめ

  • 渋野日向子の米国女子ツアー『スウィンギング・スカーツLPGA台湾選手権』への出場発表
  • 渋野にとって米ツアーは、全英AIG女子オープン優勝以降、久々の海外ツアーになる
  • 台湾での大会は予選落ちがなく、世界ランキングを上げる絶好の機会となるという

渋野日向子が全英以来の米ツアーに参戦 31日開幕の台湾戦に出場決定

渋野日向子が全英以来の米ツアーに参戦 31日開幕の台湾戦に出場決定

渋野日向子が米ツアー参戦 台湾決戦に出場(撮影:上山敬太)

10月31日に開幕する米国女子ツアーの「スウィンギング・スカーツLPGA台湾選手権」に、渋野日向子が出場することが発表された。


8月の「全英AIG女子オープン」優勝以降、国内ツアーに専念してきた渋野だが、今回推薦で久々の海外ツアーの舞台を踏む。

全英優勝により米ツアーメンバーの資格を獲得できる渋野だが、今年は回避。今後も日本ツアーへの出場を希望しているが、先週の日本女子オープンの会場では「以前よりも(米ツアーへの)興味が出てきた」と明かすなど、その去就が注目されている。

3カ月ぶりの海外試合となる渋野は、9月の「デサントレディース東海クラシック」での8打差逆転優勝や、先週のメジャー今季第3戦でもパットに苦しみながら7位に入るなど、調子は悪くない。それだけに活躍への期待がもてそうだ。

来年の東京五輪出場を見据えると、少しでも世界ランキングを上げたいところ。台湾での大会は予選落ちがないため、ランキングを上げる絶好の機会となりそうだ。

以下、渋野のコメント。

「このたび、スウィンギング・スカーツLPGA台湾選手権より推薦をいただき、とてもうれしく思います。2回目のアメリカツアー参戦ですが、試合に出場するからには、良い結果を残せるように精一杯頑張ってきます。日本の皆様に良い報告ができるように頑張りますので、応援していただけるとうれしいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>