「うおおおぁ!」雄叫びスイングで飛距離は上がる?【きょうの“パンチショット”】

「うおおおぁ!」雄叫びスイングで飛距離は上がる?【きょうの“パンチショット”】

先週のドラコンコンテストで叫びながら打つ石川遼(撮影:佐々木啓)

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【ブリヂストンオープン】


今季はトレーニングを強化中、ヘッドスピードがアップして飛距離も伸びている石川遼。前週の「トップ杯東海クラシック」で行われたドライビングコンテストでは、1球目で333ヤードを記録してチャン・キム(米国)に次ぐ2位に入った。

ビッグドライブもさることながら、そのときに会場を盛り上げたのがなかなか聞けない(?)石川の“雄たけび”。クラブを振りながら「うおおおおおぁ!」と目一杯さけぶ姿に、観客からは思わず笑いが起こっていた。

他にも叫びながらこん身のスイングをする選手もいたが、果たして“雄叫び”効果でいつも以上に飛距離は出るのだろうか?「出ますね。ヘッドスピードが上がります、0.5とか。ただ、芯に当たらない可能性もありますけどね(笑)」と石川。ちなみに、雄叫びを上げて放った1球は左ラフに行ってしまった。

「疲れますね、あれ。ドラコンの選手ってすごいなと思います。ジェイミー・サドルスキーという元ドラコン世界チャンプなんですけど、400ヤード超えする人っていいスイングしてますよね」。さすが国内の飛ばし屋、ドラコン世界ランキングなどもチェックしているよう。元ドラコン世界王者のサドルスキーはヘッドスピード70m/秒、445ヤードを記録。サドルスキーが雄たけびスイングをしていたか…、は分からないが、皆さんもぜひ一度試してみては?ただし、他の人の迷惑にならないように…。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)