元日本アマ1位・西村優菜が単独トップに浮上 オリンピアンの妹・鬼塚貴理も急上昇【LPGAプロテスト第2次予選C地区】

元日本アマ1位・西村優菜が単独トップに浮上 オリンピアンの妹・鬼塚貴理も急上昇【LPGAプロテスト第2次予選C地区】

西村優菜が実力を発揮し単独トップに浮上した(撮影:GettyImages)

<LPGAプロテスト第2次予選【C地区】 3日目◇10日◇有馬カンツリー倶楽部(兵庫県)◇6507ヤード・パー72>

「LPGAプロテスト第2次予選 C地区」3日目の競技が行われ、この日「66」をマークした元日本アマチュアランク1位の西村優菜が、トータル10アンダーで単独トップに立った。


1打差の2位タイに山下美夢有、杉原彩花が続く。3打差の4位には、こちらも「66」をマークした鬼塚貴理が浮上。平昌五輪に出場したプロスノーボーダー・鬼塚雅を姉に持ち、プロトーナメント出場経験も豊富な実力選手が、前日の14位タイから順位を上げた。

この他、今年の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で活躍した澁澤莉絵留がトータル5アンダー・6位。脇元華の妹・桜がトータル5オーバー・31位タイで3日目を終えた。江澤亜弥の妹・亜季はこの日2つ伸ばし、トータル6オーバー・42位タイとなっている。

本競技は72ホールのストロークプレーで行われ、54ホール終了時点で、各会場で掲示されている最終プロテスト進出順位に10打差までの者が第4ラウンドに進出するが、この会場ではトータル14オーバー・97位タイ以下の選手が、最終ラウンドにコマを進めることができなかった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>