女子大生・星川ひなのが3打差で最終日へ 地の利は史上7人目のアマVへと導くか

女子大生・星川ひなのが3打差で最終日へ 地の利は史上7人目のアマVへと導くか

イレギュラーな戦いだからこそ生きる地の利(撮影:鈴木祥)

<スタンレーレディス 初日◇11日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6572ヤード・パー72>

台風迫る東名カントリークラブでアマチュアの星川ひなのが躍動した。途中降雨による中断を挟むも4バーディを奪ってボギーフリー。首位と3打差の4アンダー・4位タイと好位置につけて、最終日へと向かう。


現在通っている日本大学ゴルフ部の寮があるのはコースからほど近い三島市。東名カントリークラブは自身のプレーはもちろん、キャディのアルバイトとしても幾度となく訪れたコース。「プロの方々よりも回っている回数は多いので、そこだけはアドバンテージかなと思っています」。初日からそんな地の利を生かしたかたちとなった。

パーオン率は18ホール中13回。「通常営業時よりもラフが長くて難しい」という状況下で何度もアプローチを求められたが、コースを知っていたからこそ難なくクリアした。「外していいところに外せていましたね。アプローチでもいいラインが残っていたので、しっかりと寄せることができました」とノーボギーで切り抜けた。この日は台風接近に伴い強い風が吹くことも多かったが、「いつもと同じ風向きだったので読みやすかった」とこちらも問題なし。悪天候でも東名攻略の基本を守って上位進出につなげた。

台風19号の接近に伴い2日目の競技は中止。短期決戦は確定した。それだけにこの順位は大きい。「伸ばして最終日を回りたいと思っていた」とここまではプラン通り。そして中止となった日にホテルではなく住み慣れた場所に帰ることができるのも大きい。「寮でしっかりと準備して過ごしたいと思います」。いまだ日曜日の競技が決まらず、開催したとしてもギャラリーの入らないイレギュラーな戦いだが、史上7人目となるアマチュア優勝に向けて追い風が吹いている野は間違いない。(文・秋田義和)

【アマチュアのツアー優勝記録】
■清元登子 1973年 トヨトミレディース
■宮里藍 2003年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン
■キム・ヒョージュ 2012年 サントリーレディス
■勝みなみ 2014年 KKT杯バンテリンレディス
■畑岡奈紗 2016年 日本女子オープン
■クリスティン・ギルマン 2018年 センチュリー21レディス 

<ゴルフ情報ALBA.Net>