地元韓国のアン・ビョンハンが首位発進 松山英樹は5打差15位タイ

地元韓国のアン・ビョンハンが首位発進 松山英樹は5打差15位タイ

松山英樹は5打差15位タイで初日を終えた(撮影:GettyImages)

<ザ・CJカップ@ナインブリッジ 初日◇17日◇ナインブリッジ(韓国)>

アジアシリーズへと突入した米国男子ツアー。その初戦となる「ザ・CJカップ@ナインブリッジ」の初日の競技が終了。日本勢唯一の出場となる松山英樹は1イーグル・3バーディ・2ボギーの「69」。3アンダー・15位タイで最初の18ホールを終えた。


トップに立ったのは8アンダーまで伸ばした地元韓国のアン・ビョンハン。1打差の2位にホアキン・ニーマン(チリ)、6アンダーの3位にジェイソン・デイ(オーストラリア)。5アンダーの4位タイにはハン・ジュンゴン(韓国)、ダニー・リー(ニュージーランド)、チャールズ・ハウエルIII、チャーリー・ホフマン(ともに米国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)が続いている。

ジャスティン・トーマス(米国)は4アンダー・9位タイ。その他、フィル・ミケルソン(米国)は2アンダー・29位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>