データ的には賞金女王争いの一騎打ち!? ドラマ派が期待する“祐香びんびん物語”…って一体??【データ好き!記者A&人情派記者Mの大胆予想】

データ的には賞金女王争いの一騎打ち!? ドラマ派が期待する“祐香びんびん物語”…って一体??【データ好き!記者A&人情派記者Mの大胆予想】

高額大会で一気に逆転も? データは覇権争いが激しくなることを予想(撮影:上山敬太)

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前情報◇23日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6510ヤード・パー72>

今週は国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」が開催される。賞金総額2億円(優勝賞金3600万円)は「アース・モンダミンカップ」、「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」と並びツアー最高の賞金額。賞金女王を目指すにしても、シード獲得に向けても大事な大会だ。そんなゴルフ発祥の地・兵庫で行われる戦いの結末を、データ好き記者Aと、ドラマティックな展開大好き記者Mが大予想。


■飛距離240ヤード前後のドローヒッターに期待したい
2003年に「マスターズGCレディース」として始まった今大会は今年で16回目。初年度から一貫してマスターズゴルフ倶楽部で行われている。開催当初は3日間大会だったが、13年度から4日間大会(13年、17年は台風の影響により54ホール短縮競技)へとグレードアップした。

舞台となるマスターズゴルフ倶楽部は丘陵コースで、左ドッグレッグが多いのが特徴。ドローヒッターが打ちやすいホールが多く、昨年覇者のアン・ソンジュ(韓国)をはじめ、17年優勝の上田桃子、15年優勝の李知姫(韓国)が当てはまる。だからといって、ストレートヒッターやフェーダーがまるでダメということはなく、16年優勝の全美貞(韓国)や、同年最後まで優勝争いを繰り広げた笠りつ子の持ち球はストレートだ。また、ドッグレッグが多いことから飛ばし屋有利という感じはなく、飛距離が240ヤード前後の選手が勝つことが多いのも気になるところ。

■データ的には今季優勝が必須(記者A)
直近5年の優勝者を見てみると、全員に共通するのが今大会の前に、同年すでに勝利を挙げているという点。また5人中4人がその年の平均バーディ数トップ10に入っているのも見逃せない。優勝スコアを見ても14年の大山志保がトータル19アンダー、16年の全美貞がトータル17アンダーと伸ばし合い必至の大会だけに、“バーディを奪える能力”というのがカギとなってくる。5人全てが同年のパーオン率、もしくは平均パット数でトップ5に入っていることにも注目したい。特にパットのほうは、例年砂の混じったグリーンとなることが多くしっかりと打てる選手が強い。

以上を踏まえて見てみると、データ上一番良いのは渋野日向子。平均パット数(パーオンホール)と平均バーディー数で1位。パーオン率は23位だが攻撃力は抜群。ドライビングディスタンスは246.70(14位)と歴代優勝者よりも飛ぶが、ティショットはドロー系。悲願の賞金女王へ、データは後押ししている。

その渋野よりも賞金ランキングで唯一上にいる申ジエ(韓国)もデータ上は良さそうだ。平均パット数(パーオンホール)、平均バーディー数はともに2位と渋野に続く数字。パーオン率は12位と渋野を上回り、今季の平均飛距離も236.57ヤードとドンピシャに近い。昨年最終日に「73」と崩れ、またしても女王を逃した悔しさは忘れていないだろう。球筋も基本はストレートだが、ドロー系を打てる技術の高さも魅力の1つ。

本来は挙げるのは3人までと勝手に決めているのだが、5人まで許して欲しい(せめて4人だろという突っ込みはなしで)。平均パット数(パーオンホール)3位、平均バーディー数8位でストレート系のドローを打つ勝みなみ、平均パット数(パーオンホール)8位、平均バーディー数3位のツアー屈指のドローヒッター上田。この2人もデータにぴったりと当てはまっている。

そして、最後に挙げたいのが鈴木愛。平均パット数(パーオンホール)は5位と、今年も巧者ぶりを発揮している。平均バーディー数14位、パーオン率32位と、こちらはやや苦戦という印象だが、18年に4位、16年に2位タイと相性は素晴らしい。故障明けだが、逆転女王に向けて気合も十分だ。

■あのアマチュア選手がだまってはいないでしょう!(記者M)
先週の古江彩佳によるアマチュア優勝…みなさん見ました!? 3日間で喫したボギーは、わずかに1つ。さらに最終プロテストを目前に控えるこのタイミングで、優勝するなんて…もうマンガみたいな、かっこよさ! わたくしも、白熱のシーンを1ページずつめくっているような感覚で、観戦させていただきました!

その流れで迎える今週とあって、どうしても注目したい選手がいるわけです。そう! アマチュアの安田祐香だ。古江とは滝川第二高で同級生。ナショナルチームでもともに汗を流し、ここまでプロトーナメントで優勝争いを繰り広げてきたのも同じ。ここがプロテスト前、最後の戦いとなるのも古江の状況と似ている……そうなると、やっぱり期待したくなりますよね。

たまたまスケジュールの兼ね合いで順番が前後しただけで、この地元大会で安田が勝ってプロ入りを決めてもなんら不思議じゃない話! おそらく大きな刺激をビンビンに受けて臨む、“祐香びんびん物語”状態に突入しているはずなのだ! とにかく名作は、すぐに第2弾を期待したくなるもの。安田の他にも、後藤未有や西郷真央ら、こちらもプロテストを控えるアマチュアも多数出場するし、もちろんその選手たちの活躍にも期待しちゃいましょう!! 優勝して、プロの権利を…抱きしめてTONIGHT!

【歴代優勝者】
2018年度:アン・ソンジュ
2017年度:上田桃子
2016年度:全美貞
2015年度:李知姫
2014年度:大山志保
2013年度:横峯さくら
2012年度:キム・ソヒ
2011年度:大山志保
2010年度:横峯さくら
2009年度:申ジエ
2008年度:大山志保
2007年度:古閑美保
2006年度:古閑美保
2005年度:ポーラ・クリーマー
2004年度:宮里藍
2003年度:竹末裕美

<ゴルフ情報ALBA.Net>