松山英樹、ZOZOへ挑む相棒は? ドライバー、パターを複数調整

松山英樹、ZOZOへ挑む相棒は? ドライバー、パターを複数調整

初日はどんなセッティングに?松山英樹はクラブ選択に余念がなかった(撮影:岩本芳弘)

<ZOZO Championship 事前情報◇23日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

日本勢の世界ランク筆頭・松山英樹は、先週韓国で行われた「ザ・CJカップ@ナインブリッジズ」で、最終日に「65」をマーク。3位タイの成績を残して習志野CCに乗り込んだ。


「7000ヤードでパっと見れば短い感じもしますが、実際は長く感じるところもあるのでロングショットも大事。先週の最終日にいいプレーができたと思うので、その流れでいければと思います」と上々の調子で帰国。開幕前に「スキンズマッチ」で18ホールをラウンドし、23日(水)のプロアマ戦でもコースを回り調整を重ねている。

昨年から様々なドライバーを試しているが、今シーズンは440ccと少し小ぶりなテーラーメイド『M5ツアー』を投入。米ツアーではローリー・マキロイ(北アイルランド)やダスティン・ジョンソン(米国)らも使っていた19年モデルで、前週のザ・CJカップでも握っていた。

ドライバーのエースシャフトといえば、グラファイトデザイン『ツアーAD DI-8TX』がおなじみ。前週はエースを装着したが、このほか『ツアーAD XC-8TX』やテンセイと3種類をバッグに入れて試している。今週はプロアマ戦で投入したXCで初日を迎えることになりそうだ。

また、パターも複数モデルをテスト中。ザ・CJカップで手にしていた同社の『スクエアバック』プロトタイプもバッグに入っていたが、プロアマ戦前の練習グリーンでは、スコッティキャメロンの『ニューポート2 タイムレスGSS』で調整を行った。

「日本で初めてのPGAツアーなので、自分自身楽しみです。勝ちたいという気持ちが強いので、今週頑張りたい」。総距離7041ヤードのパー70。4番・パー4(505ヤード)は、米ツアーでは初の試みで2グリーンを日ごとに変えて使用される。日本初の米ツアーをどう攻略するのか? いよいよ歴史的な1週間が幕を開ける。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>