小貫麗が単独トップで最終日へ サイ・ペイインの来季前半戦出場権が確定

小貫麗が単独トップで最終日へ サイ・ペイインの来季前半戦出場権が確定

雨のなかの好ラウンドでピース 小貫麗が首位で最終日に向かう(撮影:福田文平)

<京都レディース 2日目◇24日◇城陽カントリー倶楽部 東コース(京都府)◇6446ヤード・パー72>

今季ステップ・アップ・ツアー最終戦「京都レディース」2日目の競技が終了。初日を5アンダーのトップタイで終えていた小貫麗が、3バーディ・2ボギーと1つスコアを伸ばし、トータル6アンダーで単独トップに躍り出た。


2打差の2位に田村亜矢、植竹希望が続く。トータル2アンダー・4位タイに上原美希、沖せいら、ハン・スンジ(韓国)が続く。

現在賞金ランク2位のサイ・ペイイン(台湾)がトータル1オーバー・14位タイ。すでに賞金女王の座を確定させているヌック・スカパン(タイ)はトータル3オーバー・29位タイで最終日に進む。賞金ランク3位の仲宗根澄香は、トータル6オーバー・53位タイで予選落ち。賞金ランクで唯一サイ・ペイインを逆転する可能性があった仲宗根が決勝に進めなかったため、サイ・ペイインのランク2位が確定。来季レギュラーツアーの前半戦出場権を手にした。

最終プロテストを再来週に控える三浦桃香はトータル5オーバー・47位タイで、予選を通過した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>