<中間速報>小貫麗が単独トップで後半へ 松森彩夏、田村亜矢らが上位争い

<中間速報>小貫麗が単独トップで後半へ 松森彩夏、田村亜矢らが上位争い

小貫麗が後続に2打差をつけトップ(写真は日本女子オープンのもの)(撮影:村上航)

<京都レディース 2日目◇24日◇城陽カントリー倶楽部 東コース(京都府)◇6446ヤード・パー72>

今季ステップ・アップ・ツアー最終戦「京都レディース」2日目の競技が進行中。全選手がハーフターンを迎え、トータル7アンダーの単独トップに小貫麗が立っている。


2打差にハン・スンジ(韓国)、3打差に松森彩夏、田村亜矢、槇谷香が続く。

すでにステップ賞金女王を確定しているヌック・スカパン(タイ)と、現在賞金ランク2位のサイ・ペイイン(台湾)は2オーバー。同3位の仲宗根澄香は3オーバーでプレーを行っている。

最終プロテストを控える三浦桃香は5オーバーで2日目の競技を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>