石川遼、タイガーの“足跡”をたどる 王者の9バーディに「鳥肌が立った」

石川遼、タイガーの“足跡”をたどる 王者の9バーディに「鳥肌が立った」

心配せずとも… たくさんファンがついてますよ!(撮影:岩本芳弘)

<ZOZO Championship 初日◇24日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

普段、もっとも多くのギャラリーを集める石川遼。しかし、この日は「みんなサーッといなくなっちゃうかと思っていた」とティイングエリアへのゲートをくぐった。


石川の1組前は、世界的スーパースターのタイガー・ウッズ(米国)。ウッズのスタート時には、10番ティイングエリアからグリーンサイドまでファンがびっしり。ひと目でも姿を見ようと、ホール脇にある18番のスタンド席や、坂の上に立って顔をのぞかせる観客で埋め尽くされていた。

ウッズがスタートした10分後、同じティイングエリアに足を踏み入れると「思っていたより、全然みなさん留まってくれていました(笑)。自分がギャラリーだったら、タイガーのほうに行ってしまう。“石川遼はまた見られるしな”って」。そんな懸念に反して、石川が姿を見せると、いつもの何倍もの声援と拍手が鳴り響いた。

1組前で、9バーディ・3ボギーの「64」をマークしてスコアボードをどんどん駆け上がっていくウッズ。前の組とは間隔があいていたため姿を見ることは少なかったが、「今週、鉄の鋲のスパイクを履いているのはタイガーくらいと思うんですけど、グリーン上にスパイクマークがついていた。“ここから打ったんだ”とわかった」と、タイガーの足跡を何度も目にした。

前から鳴り響く大歓声を聞きながら、ウッズの後を追っていった18ホールは2アンダー・7位タイと上々の滑り出し。「チャンスは3、4回あったんですが決めきれず。バーディもボギーも、どちらが先に来るかという状況」とパーを重ね、18番でようやく最初のバーディ。後半ではチャンス逃しというよりも、2m以上のパーパットが残るなどしのぐプレーが続いたが、2バーディ・ノーボギーの「68」でホールアウトした。

トップタイにつけるウッズとは4打差。「(ウッズが)最初は3オーバーだったのに、途中で見たら1アンダー。どうやって戻したのか分からない。6アンダーと聞いて、ちょっと鳥肌が立ちました」。石川にとって約2年ぶりの米ツアー、栄光に向けて明日もウッズの後を追っていく。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>