河本結、山口すず夏はともに14位タイ 来季米ツアー出場権獲得に向け好位置キープ

河本結、山口すず夏はともに14位タイ 来季米ツアー出場権獲得に向け好位置キープ

河本結が米ツアー出場権獲得に向けて好位置をキープ(撮影:GettyImages)

<米国LPGAツアー 最終予選会 2日目◇24日◇パインハースト(米ノースカロライナ州)◇6595ヤード・パー72>

来季の米国女子ツアー出場権を懸けた最終予選会の「Qシリーズ」2日目。日本から出場している河本結と2年連続での米ツアー出場をかけている山口すず夏はともに首位と6打差のトータル2アンダー・14位タイとなっている。


首位はトータル8アンダーのキム・ローレン(米国)。トータル4アンダーの6位タイに今季話題を呼んだ18歳のヤーリミ・ノー(米国)、トータル3アンダーの11位タイには、中国美女のヘ・ムニがつけている。

予選会は23日〜26日と30日〜11月2日の8日間、計144ホールを実施。ここで45位タイまでに入った選手が、来季の出場権を獲得する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>