<中間速報>稲見萌寧が単独トップ ホステスプロのイ・ボミが1差追走、渋野日向子は通算1アンダー

<中間速報>稲見萌寧が単独トップ ホステスプロのイ・ボミが1差追走、渋野日向子は通算1アンダー

イ・ボミが復活Vに向け好調なラウンドを続けている(撮影:鈴木祥)

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2日目◇25日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6510ヤード・パー72>

降雨による中断を挟んだ「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」2日目は、全選手がハーフターンを迎えた。現時点でトータル8アンダーの単独トップに稲見萌寧が立っている。


1打差の2位には、大会を主催する延田グループに所属するホステスプロ、イ・ボミ(韓国)が続く。トータル5アンダーには福田真未や、現在賞金ランク1位の申ジエ、昨年覇者のアン・ソンジュ、初優勝を目指すユン・チェヨンの韓国勢がつけている。トータル4アンダーに永峰咲希、高橋彩華ら。

前日トップタイのキム・ハヌル(韓国)はトータル3アンダーとスコアを落とし後退。現在賞金ランク2位につける注目の渋野日向子は、前半2つスコアを伸ばしトータル1アンダーとして後半に入った。けがからの復帰戦となる鈴木愛もトータル1アンダーでプレー中。プロテスト前最後のトーナメントとなるアマチュアの安田祐香はトータル1オーバーで、現時点のカットライン上でプレーしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>