女子は日没順延 暫定首位に稲見萌寧、3打差にイ・ボミら 渋野日向子が5つ伸ばし一気に上位へ

女子は日没順延 暫定首位に稲見萌寧、3打差にイ・ボミら 渋野日向子が5つ伸ばし一気に上位へ

暫定トップに稲見萌寧が立った(撮影:鈴木祥)

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2日目◇25日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6510ヤード・パー72>

スタート直後に降雨によるコースコンディション不良で中断を挟んだ「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」2日目は、全選手のホールアウトが完了せず、午後5時17分に日没サスペンデッドとなった。明日は第2Rの残りと、第3Rを実施。午前7時に競技再開、第3Rスタートは午前9時30分を予定している。


15ホールを終えトータル10アンダーまで伸ばした稲見萌寧が、暫定ながら単独トップに立っている。3打差の暫定2位には、大会を主催する延田グループ所属のホステスプロ、イ・ボミと、現在賞金ランク1位の申ジエ(ともに韓国)が続く。トータル6アンダー・暫定4位に、昨年覇者のアン・ソンジュ(韓国)がつける。

1オーバー・49位タイからスタートした渋野日向子は、この日15ホールを消化し6バーディ・1ボギー。5つスコアを伸ばす好ラウンドを見せ、トータル4アンダー・暫定6位タイまで順位を上げた。

初日を終え稲見と並ぶトップだったキム・ハヌル(韓国)は、トータル2アンダー・暫定19位タイに後退。プロテスト前最後のトーナメントを戦うアマチュアの安田祐香はトータルイーブンパー・暫定37位タイまで順位を上げ、予選通過圏内でラウンドを終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>