水没の10番は距離短縮で“140ヤード”パー4へ 異例措置でZOZO選手権の2Rはスタート

水没の10番は距離短縮で“140ヤード”パー4へ 異例措置でZOZO選手権の2Rはスタート

浸水した10番セカンド地点 懸命な復旧作業が続くが…(撮影:岩本芳弘)

<ZOZO Championship 3日目◇26日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

千葉県を含む東日本に甚大な被害をもたらした25日の大雨を受け、会場のアコーディア・ゴルフ習志野CCは不眠不休の対応に追われた。


記録的な豪雨がコースを襲い、10番ホールでは、左の池から水があふれ、フェアウェイまで浸水。そのため、当初のヤーデージを短縮して、異例の140ヤードのパー4で行われることが発表された。

また、地面のぬかるみが多く、本日のプレーはプリファード・ライが適用。ボールをピックアップした拭くことができる措置がとられる。

なお、26日(土)は第2ラウンドのみを行い、27日(日)は朝6時半から第3ラウンドをスタート。できる限りホールを消化し、月曜の午前中までに72ホール完遂を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>