上がり連続バーディも1打届かず アン・シネはプロテスト前最後の試合で予選落ちも「今まで通りやれれば」

上がり連続バーディも1打届かず アン・シネはプロテスト前最後の試合で予選落ちも「今まで通りやれれば」

アン・シネは2連続バーディ締めも予選落ち プロテストに向けて感触は?(撮影:鈴木祥)

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 3日目◇26日◇マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6510ヤード・パー72>

日没のためサスペンデッドとなっていた「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」の第2ラウンド。アン・シネ(韓国)は再開後4ホールで2つのバーディを奪うプレーを見せたものの、トータル1オーバーの51位タイで予選落ちとなった。


第1ラウンドで1アンダー・19位タイと好発進を決めたシネだったが、第2ラウンドでダボを叩くなど4つ落としてサスペンデッドに。それでも5番ホールの2打目から再開すると8番、9番と連続バーディを奪う意地を見せてホールアウト。それでもカットラインに1打届かず、「今年はこんな感じで1打届かなくて決勝に行けない試合が多いですね……。すごく残念です……」と肩を落とした。

これで今季の予定している試合は終了。次戦は正会員への大一番プロテストとなる。「一度韓国に戻って調整してきます。大きな修正は必要ないと思っているので、細かい部分を見直して臨みます」と状態は悪くないことを強調。「昨日はとても悪かったのでホテルに戻ってとても落ち込みました。ですが、今日は2つのバーディを獲れて終わることができたのでいいかたちでいけると思います」と、この日の4ホールで上昇気流に乗れたことも大きい。

「これまでやってきた練習、準備をすれば(プロテストの合格ラインである)20位以内に入ることができると思っています」とポジティブな言葉で締めたシネ。いよいよ韓国メジャー覇者が日本のプロテストに挑む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)