<ZOZO中間速報>T・ウッズが首位と1打差浮上 松山英樹は2打差に後退

<ZOZO中間速報>T・ウッズが首位と1打差浮上 松山英樹は2打差に後退

首位と2打差で最終ホールに向かう松山英樹(撮影:佐々木啓)

<ZOZO Championship 3日目◇26日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

「ZOZO Championship」の第2ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、今年の「全米オープン」覇者のゲーリー・ウッドランド(米国)がトータル10アンダー・単独首位を走っている。


ツアー通算82勝目を狙うタイガー・ウッズ(米国)は後半11番までで4バーディ(1ボギー)を奪取。首位と1打差のトータル9アンダー・2位に浮上している。

首位で前半を折り返した松山英樹は、後半ではボギーが先にくるなど思うようにスコアを伸ばせず。首位と2打差のトータル8アンダー・3位に後退している。

2アンダーからスタートした石川遼は4番から3連続ボギーと失速も、その後は2バーディで挽回。後半10番終了時点でトータル2アンダー・24位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>