<ZOZO速報>T・ウッズはボギー発進、松山英樹は静かなスタ-ト 残り36ホールが開始

<ZOZO速報>T・ウッズはボギー発進、松山英樹は静かなスタ-ト 残り36ホールが開始

タイガー・ウッズのムービングデーはどうなる?(撮影:岩本芳弘)

<ZOZO Championship 4日目◇27日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

大会4日目は6時半から第3ラウンドがスタート。雨の影響を感じさせない絶好のコンディションで各選手がスタートしていった。


予選落ちがない大会で、まだまだ挽回可能なところ。27日(日)は第3ラウンドに続いて、ファイナルラウンドも行われる。日没まで競技を進め、残ったプレーはあすの28日(月)に再開。午前中には全プレーを終了する予定だ。

第2ラウンドを終えて首位に立つのはタイガー・ウッズ(米国)。連日の「64」をたたき出し、トータル12アンダーで2位に2打差をつけて残りの36ホールに入るが、出だしは3パットボギーとした。

日本のエース松山英樹も半分を終えてトータル8アンダーの3位タイ。「皆さんが元気になるために頑張る」と気合十分。豪雨により大きな被害が出た千葉県で、雄姿を披露する。

その松山は、第3ラウンドをパーでスタート。ヒデキ・チャージでウッズを追うことになる。ローリー・マキロイ(北アイルランド)、小平智、石川遼らもアンダーパーグループ。追い上げに期待がかかる。

月曜までもつれ込む日本初開催の米国男子ツアー。ここからクライマックスまで一瞬たりとも目が離せない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>