<ZOZO中間速報>T・ウッズが単独トップを守りバックナインへ 松山英樹は5打差2位でプレー

<ZOZO中間速報>T・ウッズが単独トップを守りバックナインへ 松山英樹は5打差2位でプレー

タイガー・ウッズが単独トップを守りバックナインに入った(撮影:佐々木啓)

<ZOZO Championship 4日目◇27日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

大会2日目の大雨による中止の影響で、第3Rに続き最終Rが行われている「ZOZO Championship」は、全選手がハーフターンを迎えた。前半の9ホールでトータル18アンダーまで2つスコアを伸ばしたタイガー・ウッズ(米国)が、依然単独トップの座を守っている。


トータル16アンダーの首位で第3Rを終えたウッズは、引き続き行われた最終Rでも盤石のゴルフを展開。1番で4m強のバーディパットを沈め先手を奪うと、4番ではボギーを喫したものの、続く5番でバウンスバック。さらに6番パー4でも三打目のアプローチを1m以内に寄せ、スコアを伸ばした。

松山英樹は前半をパープレーとして、5打差のトータル13アンダー・2位タイにつけている。同スコアにはゲーリー・ウッドランド(米国)も並んでいる。以下、トータル11アンダー・4位にローリー・マキロイ(北アイルランド)、ザンダー・シャウフェレ(米国)、イム・ソンジェ(韓国)が続く。

なお大会は、この後も日没まで可能な限りラウンドを続行。残りを明日28日(月)に持ち越すスケジュールが組まれている。スタート予定時刻は午前7時30分。

<ゴルフ情報ALBA.Net>