28日の最終ラウンドは4DAYチケット保持者らに限り入場可 約3000人を想定

28日の最終ラウンドは4DAYチケット保持者らに限り入場可 約3000人を想定

タイガーの優勝争いが見られない!?(撮影:岩本芳弘)

<ZOZO Championship 4日目◇27日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

台風21号の影響により2日目の競技が中止となり、スケジュールが大幅にずれ込んだ「ZOZO Championship」。最終ラウンドがずれ込む予定の月曜のチケットについて発表があった。


26日(土)に行われた第2ラウンドは観客を入れずに競技を実施したが、最終ラウンドの一部が行われる予定の28日(月)は、4-DAYチケット、4-DAY+練習日チケット、フロントローチケットおよびVIPラウンジ付チケットの保持者に限り、コース内での観戦が可能となることを発表。想定入場者数は3000人とみられている。

米ツアーのエグゼクティブディレクターのトラビス・スタイナー氏は、「安全面、チケット、交通、ボランティアサポートなどの事情を考慮し、上記チケットをお持ちの方だけに入場を制限させていただくという苦渋の決断をしなくてはいけなかった」とコメントした。

25日(金)は競技が中止、26日は“無観客”で試合が行われ、チケットの払い戻しなどの対応が取られた。なお、27日に第3ラウンド18ホールが行われており、終了次第、組み替えなしで最終ラウンドが12時から開始。日没まで行われる予定となっている。

以下、スタイナー氏のコメント

「金曜日と土曜日(安全面の事情により会場に入場できなかったファンの方々)のチケットをお持ちのファンの皆さまに対して公平な解決策を模索しました。大会側は10月25日、26日のデイリーチケットを購入された方に払い戻しいたします。事前にチケットを購入された、特に日本のファンの方を含め、多くのファンの方々の応援に大変感謝しております。入場できなかった皆さまには心よりお詫び申し上げます。2020 ZOZO Championshipにまた皆さまが来ていただけることを心よりお待ち申し上げるとともに、来年もファンの皆さまに最高の経験をお届けしたいと思っております」

<ゴルフ情報ALBA.Net>