伊澤利光が逆転でシニア初優勝 2位に塚田好宣

伊澤利光が逆転でシニア初優勝 2位に塚田好宣

シニア初優勝を挙げた伊澤利光(提供:日本プロゴルフ協会)

<福岡シニアオープン 最終日◇27日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)>

国内シニアツアー「福岡シニアオープン」の最終日が終了し、シニア参戦2年目の伊澤利光が4バーディ・1ボギーの「69」をマーク。首位との2打差を逆転し、トータル8アンダーでツアー初優勝を果たした。


伊澤は1995年の「日本オープン」で国内男子ツアー初優勝。2001年には賞金王に輝くなど、ツアーを代表する選手として第一線で活躍した。同ツアー通算勝利数は16勝。2018年に50歳を迎え、シニアツアーに参戦していた。

トータル7アンダー・2位にシニアルーキーの塚田好宣。トータル6アンダー・3位タイにプラヤド・マークセン(タイ)、室田淳、清水洋一、グレゴリー・マイヤー(米国)が入った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)