日本のエースが千葉を盛り上げた! 惜しくも2位の松山英樹「みんなが応援してくれると思って頑張りたい」【一問一答】

日本のエースが千葉を盛り上げた! 惜しくも2位の松山英樹「みんなが応援してくれると思って頑張りたい」【一問一答】

最後まで優勝を争った松山英樹 日本のエースの強さを見せた(撮影:岩本芳弘)

<ZOZO Championship 最終日◇28日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

母国で初開催となった米国男子ツアーで、最後までタイガー・ウッズ(米国)と優勝を争った日本のエース・松山英樹。最後は3打及ばず2位に終わったが、その勇姿で大ギャラリーを魅了した。13番からスタートした最終日を終えた後の、松山の声をお届けする。


―惜しくも優勝を逃した
「6ホールで1つしか伸ばせなかったのでチャンスはない。最低でも3つ、4つ(のバーディ)は必要だと思っていたので、そういうプレーができずに残念」

―17番のバーディパットについて
「入れていれば。15番でセカンドショットからミスが続いてたけど、16番でバーディを獲っていけるかなと思ったけど…。17番は読みづらかったですけど、自信を持って打ったら、ボールひとつ違った。その後18番のティショットをミスしてしまって」

―18番、三打目のバンカーショットは?
「ギリギリを狙っていたので仕方ない。打てる技術がまだない。寄ることもなく入ることもない。またひとつ課題が見つかった。タイガーがスコアを落とすことはないと思っていたので、伸ばせていければなぁと。最後の2ホールを獲れなかったのは残念ですね」

―これで2週続けての優勝争いですが?
「悪くはなかったけど、これを続けてまたいい状態でいければ」

―タイガー・ウッズの通算82勝はどう思いますか?
「とてつもない数字なので普通の人には分かりません(笑)」

―そのタイガー・ウッズと優勝争いをしたことについて
「悔しいけど、これでタイガーがまた来年(日本に)来るんじゃないですかね。状態はよくはないけど、たくさんのギャラリーの方のおかげでショットがぶれなかったし、パットも入ってくれた。みんなが応援してくれると思ってこれからも頑張りたいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>