古江彩佳、いきなりの“プロ初仕事”で掃除機ゲット! 次は“初賞金”がかかるラウンドへ

古江彩佳、いきなりの“プロ初仕事”で掃除機ゲット! 次は“初賞金”がかかるラウンドへ

プロとしての“初仕事” プロアマを笑顔で終えた古江彩佳(撮影:米山聡明)

<樋口久子 三菱電機レディス 事前情報◇30日◇武蔵丘ゴルフコース(6,585ヤード・パー72)>

プロデビュー戦を明日に控える古江彩佳が、それに先がけ“初仕事”を行った。30日(水)に行われたプロアマに初参加。「すごく緊張した」という時間を、開幕前に過ごした。


その“初戦”を「自分に回ってきた時のプレッシャーをすごく感じました。試合よりもですね」と笑顔で振り返った古江。今週、プロアマへの心得などを学び即デビューを果たしただけに、緊張するのも無理はない。それでも始まってみると、「(同じチームだった)戸張((捷)さんはじめ、みなさん盛り上げてくれて楽しくできました」。笑顔のラウンドで、ゲストをもてなした。

初のプロアマは9アンダーの11位という成績でフィニッシュ。チームとして景品ゲットはならなかったが、その後のじゃんけん大会で、「掃除機をもらいました」という強運も見せつけた。

これまでアマチュアとしてトーナメントには何度も出場しているが、「もう全部が新鮮です」と、やはり状況は全く違う。それでも「まずは予選通過を目指していきます。流れに乗って2勝目ができたらいいですね」と、初の大会をいい形で終えるつもりだ。“初仕事”のあとは、いよいよ“初賞金”がかかるラウンドに臨む。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)