“ジャストタッチ渋野”で行きます! 難グリーン攻略に“壁ドン”パットは封印…

“ジャストタッチ渋野”で行きます! 難グリーン攻略に“壁ドン”パットは封印…

この日はプロアマ戦ということもあってリラックスムード(撮影:ALBA)

<スインギング・スカーツLPGA台湾選手権 事前情報◇30日◇ミラマーゴルフ カントリークラブ(台湾)>

カップの反対側に当てて、ねじ込む“壁ドン”パットが持ち味の渋野日向子。目の強い台湾のグリーンでも、潔く強めに打つのか。答えはNO。「今週はジャストタッチ渋野で行きます!」と、スピードとラインをうまく加味して、流し込む戦略をとる。


大きな注目を集める日本のスマイル・シンデレラは、現地でも大きな話題。大会会長の王氏らとのプロアマ戦でも笑いの絶えないラウンドで、大会初日に備えた。初日は今季の海外女子メジャー初制覇の組。イ・ジョンウン6(韓国)とハナ・グリーン(オーストラリア)との組み合わせ。「勉強させてもらいます」と、謙虚に臨む。

グリーン周りのラフに加え、グリーン上は警戒するだけあって、傾斜と目が入り組み、「ラインが読めない」。そのためのジャストタッチ作戦だが、イケイケの渋野がどんなパットを見せるのか。ショットには手応えを感じている様子だけに、グリーン上の出来がスコアを左右しそうだ。

優勝した「全英AIG女子オープン」以来の米ツアー参戦。台湾でも期待は高いが、そこは平常心。むしろ、海外ツアーを楽しんでいる様子も見せる。台湾人もビックリの、圧巻のゴルフでスタートダッシュを決めてほしい。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>