教えのプロがナンバーワンを競う! PGAティーチングプロ選手権大会スタート

教えのプロがナンバーワンを競う! PGAティーチングプロ選手権大会スタート

昨年の覇者・若杉和浩も最終組でティオフした(撮影:ALBA)

<第21回PGAティーチングプロ選手権大会ゴルフパートナーカップ2019◇31日◇高坂CC・米山C(埼玉県)◇6646ヤード・パー72>

ゴルフを教える「ティーチングプロ」のナンバーワン決定戦「第21回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ2019」が10 月31日、埼玉県の高坂カントリークラブ・米山コースで開幕。全選手が初日のティオフを終えた。


賞金総額675万円、優勝賞金100万円。ディフェンディングチャンピオンの若杉和浩や予選会を勝ち抜いた選手の計120 人が参加し、2日間競技で行われる。過去には男子ツアーのフジサンケイクラシック開催の実績も持つ名門の同CCだが、狭いホールもあるため技術やマネジメントが要求される。「教えの経験」を存分に発揮できるかがカギだ。

なお、優勝者には2020年度のPGAティーチングプロ選手権だけではなく、同年の日本プロゴルフ選手権出場も与えられる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>