笠りつ子が不適切発言について謝罪文を表明 今後についてはツアーを自粛

笠りつ子がコーススタッフに対する暴言を謝罪し、当面のツアー出場自粛を発表

記事まとめ

  • 『NOBUTA GROUP マスターズGCレディース』でのスタッフへの暴言が報じられていた
  • この問題について、笠りつ子が所属事務所を通じ、直筆の文章で不適切な発言を謝罪した
  • また、笠りつ子は今後の活動について、当面の間はツアー出場を自粛すると発表した

笠りつ子が不適切発言について謝罪文を表明 今後についてはツアーを自粛

笠りつ子が不適切発言について謝罪文を表明 今後についてはツアーを自粛

直筆のコメント

先週の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」会場で、コーススタッフに対して選手が暴言を吐いたとして問題となっている国内女子ツアー。一部新聞などでは、その選手が笠りつ子だと報じられていたが、31日(木)に笠自らが所属事務所を通して、直筆の謝罪文を発表した。


『私の不適切な発言により、大会主催者、コース関係者の皆様が不快な思いをされたことは事実です。決して言ってはいけない言葉であったと深く反省しており、誠意を込めて謝罪させて頂きます』とした上で、今後の活動についても言及。当面の間、ツアーへの出場を自粛することを発表した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>