<速報>松山英樹は最終ホールで痛恨池ポチャも「68」 通算6アンダーでホールアウト

<速報>松山英樹は最終ホールで痛恨池ポチャも「68」 通算6アンダーでホールアウト

松山英樹、最終ホールで痛恨池ポチャも… 4ストローク伸ばして3日目を終えた(撮影:GettyImages)

<WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目◇2日◇シャーシャン・インターナショナルGC(中国)>

世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-HSBCチャンピオンズ」の3日目が進行中。2017年大会覇者の松山英樹は1イーグル・5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「68」と4ストローク伸ばし、トータル6アンダー・17位タイでホールアウトしている。


前半18番でのイーグルなど3つ伸ばして折り返した松山は、後半スタート4ホールはパーを並べるも、5番から3連続バーディを奪取。首位と5打差まで詰め寄るが、最終9番では痛恨の池ポチャでダブルボギーを喫し、この日「68」として首位と7打差でのフィニッシュとなった。

現在、トータル13アンダー・首位タイにローリー・マキロイ(北アイルランド)、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)。1打差3位にルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)が続いている。

松山以外の日本勢では、川村昌弘が13ホールで5つ伸ばし、トータル3アンダー・26位タイで後半をプレー中。石川遼はトータル5オーバー・64位タイでバックナインに入っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>