プロデビュー戦の古江彩佳は予選敗退の危機 圏外でのホールアウトに「受け止めるしかない」

プロデビュー戦の古江彩佳は予選敗退の危機 圏外でのホールアウトに「受け止めるしかない」

あとは後続を待つ(撮影:米山聡明)

<樋口久子 三菱電機レディス 2日目◇2日◇武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)◇6585ヤード・パー72>

2週前の「富士通レディース」でアマチュア優勝を成し遂げ、今週がプロデビュー戦となった古江彩佳。イーブンパー・43位タイからスタートした2日目だったが、ノーバーディ・3ボギーとスコアを3つ落としホールアウトした。現時点で決勝ラウンド進出ラインに2打及ばず、予選落ちの危機に立たされている。


全体の1組目でコースに飛び出した古江だったが、序盤からパーを並べる展開。7番で2mのバーディパットのチャンスが来たが、これを外して流れをつかみそこねた。「あれが決まっていれば、もう少しうまくいったかもしれない」と気を落とすと、続く8番でボギー。「うまくリズムを作れませんでした」。後半の10番、17番でもスコアを落とし、トータル3オーバーでラウンドを終えた。

「寄せたのも入らない」と、この日はパットに精彩を欠いた。好天に恵まれ、もともと速いグリーンは、そのスピードをさらに増し、「真っすぐ打ててはいると思うけど、タッチと読みが合いませんでした」と違和感を拭うことはできなかった。「もともとあまりバーディが多いタイプではない」と粘り強くパーでしのいでいくスタイルだが、さすがにノーバーディだと打つ手はなくなる。

決勝ラウンド圏外でクラブハウスに戻った古江は、この結果について「受け止めるしかない」と前を向いて答えた。あとは予選通過ラインが下がることを、クラブハウスで祈るほかない。

来週の「TOTOジャパンクラシック」は出場権を所持していないため、次戦は2週後の「伊藤園レディス」を予定している。「“プロ”を意識したのは昨日(初日)だけ。ここからさらに経験を積んでいきたいです」。古江のプロ生活は始まったばかりだ。(文・間宮輝憲)


<ゴルフ情報ALBA.Net>