ネリー・コルダがプレーオフ制し連覇達成 渋野日向子39位、横峯さくら65位

ネリー・コルダがプレーオフ制し連覇達成 渋野日向子39位、横峯さくら65位

プレーオフを制し大会連覇を果たしたネリー・コルダ(撮影:GettyImages)

<スインギング・スカーツLPGA台湾選手権 最終日◇3日◇ミラマーゴルフ カントリークラブ(台湾)◇6437ヤード・パー72>

米国女子ツアー「スインギング・スカーツLPGA台湾選手権」の最終日は、トータル18アンダー・首位でフィニッシュしたネリー・コルダ(米国)、ミンジー・リー(オーストラリア)、キャロライン・マッソン(ドイツ)による三つ巴のプレーオフに突入。1ホール目でバーディを奪ったコルダが大会連覇、ツアー3勝目を果たした。


トータル14アンダー・4位タイにブルック・ヘンダーソン(カナダ)、キム・セヨン、M・J・ハー(ともに韓国)が入った。

渋野日向子は6バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「69」をマーク。トータル3アンダー・39位タイで米ツアー2戦目を締めくくった。

横峯さくらはトータル7オーバー・65位タイだった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>