小祝さくらは“オールブラックス推し”でした【きょうの“パンチショット”】

小祝さくらは“オールブラックス推し”でした【きょうの“パンチショット”】

小祝さくら、“オールブラックス推し”なようです(撮影:米山聡明)

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【樋口久子 三菱電機レディス】


日本開催で、大きな盛り上がりを見せたラグビーW杯。4年に1度の祭典は南アフリカの優勝で幕を閉じたが、日本が初めて8強入りを果たすなど、列島を興奮に包んだ。

その戦いに胸を熱くしていた一人が、小祝さくらだ。日本代表が決勝トーナメント進出を決めたスコットランド戦を会場で観戦。「自分がプレーしているわけではないですけど、すごくうれしかったです」と感動を覚えた。

前日に行われた今大会2日目は、W杯の決勝・南アフリカ―イングランドが開催された日と重なったこともあり、ホテルに戻ってからテレビ観戦するか聞いてみると…「見ないと思います。 私、オールブラックスファンなんです… 」。どうやら“推しチーム”のニュージーランド代表が3位に終わり、決勝に進めなかったことがその理由らしい。

「ニュージーランドが負けてしまったので、決勝はどちらが勝ってもうれしいですね」。のほほんと答えてくれた小祝さんでした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)